脱毛後に運動しても大丈夫ですか?

脱毛した後の運動はできるだけ控えてくださいね、というサロンがほとんどですが、これは、どういう理由から来るものなのでしょうか?運動そのものが体に悪影響を与えるということではありません。まず脱毛処理というのは、電気やレーザーを使うので、脱毛を施した直後の体というのは、ごくごく軽い火傷の状態にあります。つまり、体がふだんよりもとてもデリケートな状態になっているのです。脱毛サロンでジェルを塗ったりアイシングを施してくれたりするのは、この火傷状態の肌や毛穴をクールダウンさせようというはたらきです。施術直後に運動をしてしまうと、体温が上がってしまい、火傷状態の体を温めてしまうようなものなので、赤みや腫れ・痒みを引き起こすことがあるのです。通常、火傷を負った時には体を冷やしますよね?同じ理由で、脱毛処理を施した直後のお酒・エステ・マッサージ・お風呂も控える方がよいですね。

脱毛前後にお酒は飲めないの?

ほとんどのサロンが、脱毛前後のお酒を禁止していますが、これは、どういう理由から来るものなのでしょうか?脱毛というのは、割と短時間で終わるからか、自覚していないことが多いのですが、実は皮膚や毛穴にはかなりの負担をかけています。施術する部位にもよりますが、全身脱毛の場合は、全身がほてっている状態です。施術の後でクールダウンをしてくれたりしますが、それでもまだ体が外部からの刺激を受けやすいデリケートな状態が続いていることに変わりはありません。ですので、脱毛施術の後にお酒を飲むと、血行がよくなり体温が上がって痒みを感じたりすることがあります。そして体温が上がると肌が乾燥してしまい、脱毛効果が低下していしまうのです。脱毛後だけでなく脱毛前もお酒は飲んではいけないと言われますが、これも理由は同じで、体にアルコールが残っていると、ほてった状態の肌に脱毛処理を施すことになり、いつも以上に熱く感じてしまい、赤くなったり痒くなったりするからです。